2012年11月28日水曜日

天狗で忘年会


昨日の夜行われた、あたしの主催する某カルチャーの忘年会で某天狗であるのである。

この他にすきやき鍋や蒸し鶏もあったのであるが、先に食ってしまったので、写真にはないのである。

さらにこのあと鶏の空揚げとチャーハンも出てきたのであるが、写真を撮らなかったので写真にはないのである。

忘年会飲み放題プランであるので、これでもかと飲めたのである。

さらにドリンクバーでソフトドリンクも飲み本題であるのである。

まあ、爆食爆飲のあたしには天国極楽の様相であるのである。

まあ、忘年会であるので、今年の苦労を忘れなければいけないわけであるが、今年はまだあと1ヶ月あるので、さらに増えるわけであるのである。

別段、苦労したてなことも思い当たらないのである。

そうはいっても、自堕落なあたしにもそれなりに人生の苦労はついてまわっているはずであるわけであるが、やっぱり思い当たらないのである。

それで飲み放題であるので、もちろんこれでもかと飲んで、飲み過ぎてへべれけ泥酔になってなにがなんだかわからない状態で家に帰ったのである。

まあ、なんだね、あたしの人生はこんなちょーしで過ぎて行くわけであるが、とくに反省もせずに明日もあさってもてきとーに面白おかしく食いたい放題飲みたい放題で今年も暮れ行くわけである。

まあ、年の瀬というにはまだ早いのであるが、となりでも忘年会らしくて、おじさんおにーさんが大騒ぎであったが、まあ、こちらも大騒ぎで、結局南極北極、飲めて食えればなんでもいいやね、うん。

てなことで、本日も大変美味しゅうございました。

ああ、飲んだ飲んだ。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2012年11月26日月曜日

さとで西京味噌仕立てモツ鍋


和食さとでモツ鍋である。

さと鍋七福神の中の西京味噌仕立てモツ鍋であるのである。

まあ、なんだ、冬であるので、昨日の昼飯に何を食おうかなんでつらつら考えて、「ううむ、冬はやっぱりモツ鍋だ」つーことで、仕事場から近所のさとに直行してモツ鍋を注文したのである。

だいぶ以前にモツ鍋がブームになったりしたことがあるのであるが、最近はそんな噂も効かないのでブームはすっかり沈静化なのか、店内を見回してもモツ鍋を食ってるのはあたしだけみたいであるのである。

鍋物てなものは、夏はさすがに食う気がしないのであるが、冬になるとなんとなく食いたくなるわけである。

それで、食ってみると案の定口の中をやけどしてあっちっちーなのである。

それでも、冬になるとどうしても鍋物が食いたくなるのである。

それで、飲食店側でもその条件反射パブロフの犬になってる鍋物好きを取り込もうと、どこでもメニューに鍋物がお出ましになるわけである。

鍋物の王者といえばちゃんこ鍋であるが、もちろんちゃんこ鍋も口の中大やけどであっちっちーでるのである。

つーことはお相撲さんは夏も冬も毎日あっちっちーであるのである。

この鍋物で口の中大やけどあっちっちーはなんとかならんもんだろうか。

ああ、冷ましてから食えばいいんだ。

でも、冷めたら美味くもなんともないのである。

やけどするぐらい熱いのをフーフーしながら食うのが鍋物の醍醐味であり美味さであるのである。

ううむ、何にも面白みのないことを言ってる気がするのであるが、まあ、そんなところであるのである。

鍋物はしかし、調理といっても材料を切るだけであるので、店側としては実に経費がかからないメニューであるわけである。

そうかといって、何かおまけを付けてくれるわけではないのであるが、そんなことで文句を言ってはいけないのは言うまでもないことであるのである。

撮れ高OKが出ましたので、このへんで、大変美味しゅうございました。

あっちっちー。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2012年11月24日土曜日

セブンの稲荷とおにぎり弁当とクリームあんみつその他で昼食


昨日の昼飯で某セブンイレブンの稲荷とおにぎり弁当とハムたまごサンドとクリームあんみつと紅鮭と辛子明太子のおにぎり3個入りと買い置きの明治ヨーグルトR-1であるのである。

まあ、いわゆるコンビニ食い放題の日てなことであるのである。

ううむ、ひどいな。

なんてえ絵づらだ。

炭水化物ばっかりであるのである。

いったいどのくらいのカロリーがあるのか、計算すると怖いのでしないのである。

血糖値どーんでアルツハイマー一直線みたいな食事風景であるのである。

食いたいものを目についた順番に買ってきたのである。

しかし、このあんみつがまたね、なんともたまらんのであるが、楽あれば苦ありであるのは当然であるのである。

楽は食で苦は運動であるのである。

そんなに苦なら食わなきゃいいわけであるが、苦も労も厭わないのが美食家食道楽食通グルメのいかんともしがたいところであるのである。

コンビニで食い放題で食通もへったくれもあったもんではないのであるが、バカ食い大食い専門の象師匠の面目躍如ということで、美味けりゃなんでもいいわけである。

言ってることが支離滅裂であるのであるが、食うことになると何がなんだかわからなくなるのである。

こんな人生で悔いは残らないのかと言われる向きもあろうとは思うが、断じて食いに悔いはないのである。

何を言ってるんでしょうか。

まあ、しかし、食いたいもんを食える時代というのか、デフレ絶好調というのか、安倍内閣誕生金融緩和でインフレに突入するのか、インフレ懸念でデフレ続行なのか、まあ、なんでもいいや、食える時に食っとこうつー、野良猫風生活感で現世を生き抜く所存であるのである。

実になんつーのか、満腹で、大変美味しゅうございました。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2012年11月20日火曜日

柔らかヒレカツ和膳とチーズinハンバーグとポテトフライ


ううむ、ここんとこ忙しくて更新できなかったのであるが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

てなことで、型通りのご挨拶を済ませて、さてさて、象さんのご飯であるのである。

まあ、人間は食わないとお亡くなりになってしまうので、嫌でも1日に何回もお食事をなされるわけである。

あたしの場合はすこーしふつーの皆さんより多めに召し上がるわけであるが、ふつーがどのくらいなのかも、まあ、身長、体重、年齢によって違うだろうから、メタボ基準ぐらいいいかげんで、なんともいえないところであるのであるのである。

まあ、食ったら動けばいいわけであるので、動くのが嫌なら食わなければいいわけである。

まことに簡単であるのであるが、そんなに簡単なら、世の中がこんなにダイエットで大騒ぎすることにはならないのである。

動くのはいやでも食いたいから問題がおきてくるわけである。

わかっちゃいるけどやめられないつーことであるわけである。

そのわかっちゃいるけどやめられない昨日の昼飯の我が家のダイニングのガストであるのである。

いや、あたしはガストの回し者ではないのであるが、まあ、どの店にするか考えるのがめんどくさいときはすぐガストであるから、あたしの身体の細胞の数十%はガストでできてるわけである。

すかいらーく系の店のドリンクバーには、たいていこのオレンジ色の果物入り野菜ジュースがあるので栄養のバランスを考えた場合、実によろしいのである。

ホントかね。

まあ、野菜ジュースがないとコーラになってしまうので、さすがに糖分の取りすぎが心配になってくるぐらいのコーラのがぶ飲みになってしまうのである。

実際には果物入り野菜ジュースであるので、コーラと大差ないカロリーであると思うが、そこはそれ気の持ちようで身体にいいと脳に勘違いさせて、よろしいホルモン放出を画策してるわけである。

糖質の取り過ぎは老化の原因物質のAGEを貯めこむのである。

そうはいっても、脳は糖質をエネルギー源としているので、良好な精神活動を継続持続するためには重要な栄養素でもあるわけである。

脳は糖質を欲しがり、身体は糖質を嫌うのである。

てなことをいーろいろ思案勘案しながら、日々、これでもかと爆食瀑飲してるわけであるが、あたしったらば、あれこれがあれこれであるのである。

ううう、あれこれしてしまったので、ちょっとトイレ。

休憩。

ううむ、なんだっけ、ああ、糖分ね。

まあ、これだけカロリーを取っといて糖質もへったくれもないもんであるが、人生つーものはあくまで神の思し召しで成り立ってるものであるので、神があたしに食えと言ってるのであるから、すなおに食えばいいわけである。

神の思し召し通りにすなおに完食して、大変美味しゅうございました。

大丈夫かね。

食うときはなんとも思わないけど、写真で見るとこの量はこわいよね。

なら、やめればいい?

やめません。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2012年11月16日金曜日

ホイコーロウと酢豚と餃子ご飯セット


某バーミヤンでの昨日の夕食である。

どうもこのパターンになるな。

まあ、すっかりこの店とガストがかわりばんこのつーティンになってるので、メニューはすっかり食い尽くして、季節メニューも食い尽くしてしまったので、まあ、中華定番つーのか、代わり映えのしない絵面であるのである。

なにしろたいした変化もない代わり映えのしない毎日であるので、代わり映えのしない食事になるのはしょーがないと思うのであるが、ううむ、どうなんだろうか。

まあねえ、なんつーのか、毎日の食事のために有名店に出かけて行くなんてことはめんどくさくてできるわけもなから、、どうしたって、仕事周りのついでの店になるわけである。

そうなると、この手のファミレスが一番落ち着くので、どうしても足がその方向に向いて、ルーティン状態になって、定期的にご来店遊ばすわけである。

そうなると、これが、慣れというものはすんごいもんで、すっかりおふくろの味に変わってファミレスの味があたしの味覚になってくるのである。

味覚の基準が某ガストと某バーミヤンと某サイゼリアと某さとと某ジョナサンと某グラッチェと某ココスてなお気楽な店に共通の味になってるのである。

まあ、要するに美味いもののハードルが大変低くなってるので、たいていのものは美味いわけである。

どんな店のお料理も大変美味しゅうごいますので、エンドルフィンが怒涛の放出で、何を食っても健康によろしい効果があるかもしれないのである。

幸せのハードルは低いほど、どんな状況でもよろしいホルモンがお出ましになって、健康にはよろしいのである。

ううむ、どうも身体のちょーしがいいと思ったらそのせいかね。

喜んでいいんだか悲しんでいいんだか判断に迷うところであるが、まあ、おつむのちょーしは今ひとつであるのである。

つーことで、この日の夕食も大変美味しゅうございました。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2012年11月14日水曜日

回転寿司で海老天うどんとその他


昨日の昼飯は某蔵寿司てな回転寿司であるのである。

実は先日テレビ番組で回転寿司のネタの秘密てなのをやってたので、

「なーるほど、回転寿司のウニはそうなってたのか、ああ、知らなんだ知らなんだ」

つーことで、昨日の昼飯はやもたてもたまらず回転寿司になったわけである。

まあ、最近は寿司は某スシローてな回転寿司で食うのがあたしのトレンドであるが、この日は正午ちょうどぐらいにご来店遊ばしたので、店の外まで客がお並びであるのである。

「ううむ、これはいかん、腐っても天下の大霊能者象師匠が一般衆生と並んで回転寿司を食うなんてわけにはいかん、これはなんとかしないと、週刊誌に写真を撮られかねないことになる、ああ、どーしたらいいだ?」

つーことで、少し離れた某蔵寿司にご来店遊ばしたのである。

そしたら、席がたいへん余裕がおありになられてたので、怒涛の速攻で座って、すぐ端末の注文画面を押しまくって、すぐ寿司を食ったのである。

うに、うに、あんきも、やりいかげそ、やりいかげそ、まぐろ、さんまの8皿としじみ汁を食ったのであるが、なんだかうどんも食いたくなったので、海老天うどんを食ったのである。

海老天が3尾入って260円であるのである。

寿司屋でうどんつーのもなんであるが、メニューにはラーメンもあるのである。

まあ、ラーメンは次回にゆずって、今回はこのぐらいで勘弁してやるのである。

なんにしても、どこの寿司でも大変美味しゅうございました。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2012年11月11日日曜日

いちばんで焼肉ボリュームランチ


焼肉倶楽部いちばんでボリュームランチ1290円であるのである。

この店は以前はたしか焼肉しゃぶしゃぶいちばんてな店名であったとおもうのであるが、昨日、しばらくぶりに昼飯に焼肉が食いたくなって寄ってみると、焼肉倶楽部いちばんてな店名になっていたのである。

それで、以前は同様の焼肉ランチ定食の料理名が満腹ランチで牛たんが入っていたと思うのであるが、今回は半分が豚肉と鶏肉であるのである。

まあ、いろいろ昨今の経済事情なのか店の売上と経費の関係なのか、全体にかなりさっぱりした盛り付けであるのである。

まあ、売上不振で店長が交代して店のコンセプトが多少変更になったのか、あるいは本部が店名とメニューを変更したのか定かではないのであるが、前回の時はおねーさんがクレジットカードを扱えず、現金で支払ったりしたのであるが、今回は大変応対の良いおねーさんがクレジットもちゃんと扱えて現金で支払わなくても済んだのである。

なんだかタレの味も変わったような気がするのであるが、気のせいなのかどうなのかそれも定かではないのである。

まあ、それでも肉が300グラムであるので、牛でも豚ても鳥でも、大変美味しゅうございました。

質より量かよというお声も聞こえてきそうな具合であるのであるが、あたしの場合、安くて美味くてボリュームがあるてな飲食店繁盛の3大条件の中では、やっぱりボリュームが上位かね。

高くて不味くて量が少ない店は、当たりまえであるが開店当初はそれなりに客が来ても、すぐ閑古鳥もしらけ鳥もかーかー鳴いて、そのうち潰れるのである。

これから飲食店をやろうてな皆さんがこれを読んでたら、この辺を守れば大繁盛まちがいなしであるが、そこがね、実際に始めるとその通りにいかないところが商売の不思議なところであるのである。

ううむ、どーでもいいかな。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2012年11月9日金曜日

目玉焼き&ソーセージのモーニングセット


某ガストでの昨日の朝食である。

ドリンクバーとスープバー付きで税込み523円である。

取りに行くのがめんどうなので、野菜ジュースはたいてい2杯づつ持って来るのである。

ありがたいありがたいと手を合わせることもなく、むしゃむしゃとお召し上がりになって、ドリンクをこれでもかと飲んだわけである。

スープも飲み放題であるが、塩分のとりすぎを考慮して一杯だけであるのである。

そこはそれ霊能健康マニアの象師匠であるので、おさおさ怠りないわけである。

なにしろおさおさであるのである。

おさおさってなんだ?

 「① (あとに打消しの語を伴って)ほとんど。まったく。②確かに。ちゃんと。」つーよーな副詞であるのである。

なるほどね、つーことは、この場合①であるわけである。

自分で言っといて自分でググってるのである。

神の暴言箴言はところかまわず七色の言葉を散りばめてお告げ啓示を乱舞混乱させるわけである。

んなこたあどーでもいいのであるが、あたしはけっこう、この手のファミレスのモーニングセットを食うのが好きであるのである。

これ、なんとなく海外旅行のホテルの朝食の雰囲気つーのか、そんなものを思い出すからであるのかもしれないのである。

朝からジュースってのがね、これまた、そこはかとなく、リゾートってえのか、そんな感じを醸し出すわけであるが、しかし、これを家で飲んでもそんな感じにならんのである。

朝のファミレスの雰囲気と相まって、その情景が喚起されるわけである。

料理の味てなものは、そのものの味よりも、その場その場の雰囲気つーのか、置かれた状況によって、そうとう変わるのである。

ここんところがね、他のグルメリポートにはない霊能食通者象師匠レポートの真髄であるのである。

ううむ、なんだね、そんなにおもしろくないな。

つーことで、大変美味しゅうございましたのであるのである。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2012年11月7日水曜日

道とん堀で豚玉とミックスでお好み焼き


昨日の昼飯であるのである。

まあ、最近、どうも硬直化してるので、何か変化をつけたいとうことで、カーナビで探したら、道とん堀てな店があるのである。

「ううむ、道とん堀は大阪の川だ、いったいなんの店なんだろう?ここはひとつ、行ってみないことには象さんグルメ探検隊の隊長の面目が立たないではないか」

つーことでカーナビのゆーとーりに来たらば、いわゆるお好み焼き屋であるのである。

それで、初めての店は何がなんだかわからないので、メニューを詳細に検討しようと思って、目をらんらんと輝かせておもむろにメニューを開いたら、ウエイトレスのおねーさんがランチメニューを持ってきたのである。

それで、豚タマとミックスの焼きそば付きを頼んだら、サラダも2個来たのである。


それで、2個のサラダを食いながら豚玉とミックスを焼いてたら、ものすごい量お焼きそばが出て来たのである。

すごい量であるので、あたしは嬉しくなって「ひゃあ!」と叫んだら、おねーさんが「二人前です」と言ったのである。

まあ、考えてみればランチセットであるので、豚玉とミックスを頼めばサラダも焼きそばも二人前付いて来るのである。

まあ、このぐらい食うとさすがにあたしの胃袋も大満足で、昼寝が十分にできるのである。

もちろんあたしらスペイン人はシエスタの習慣をきちんと守るのである。

だれがスペイン人だ。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2012年11月5日月曜日

とんでんで生さば御膳


まあ、和食レストランとんでんてな店の近くを、また仕事で通りがかったので、2度めのご来店で今日の昼飯であるのである。

どうも、新メニューてなことで鯖が売りらしくて鯖メニューをおすすめであるので、鯖の刺身がついてる生さば御膳1449円を注文したら、ウエイトレスのおねーさんが「汁物変更をおすすめしてます」つーので、「それじゃ磯汁にしてください」つったら、味噌汁が294円プラスでカニの入った椀と交換になったのである。

生さばの刺し身はかき氷の上に乗っていていて、これが実になかなかけっこうである。

とんでんは刺し身がいいね。

丼にてんこ盛りのかき氷の上に刺し身が乗ってるので、ゆっくり食べても鮮度が落ちないし、適度に冷えた食感がこれまたいいので、あたし的には残念な磯汁と相殺してもなおプラスになるのである。

おいおい、せっくのおすすで交換した磯汁は残念かよ。

てなことで、さらりと苦情も書いておくのである。

しかし、何が残念かは書いてあげないのが、象源流霊能グルメレポートであるのである。

店側にはアンケートにもならないレポートであるのである。

まあ、それ以前に、味は個人個人で違うので、まあ、あたしの美味い不味いが普遍的共通事項てなものではさらさらないということもその因であるのである。

つまり、あたし的には残念でも、これが残念どころか大満足の人だっていないとは限らんのであるから、軽々しくこれがこうしてここんところが残念なんてことを書くことは心して控えたいわけである。

さらにあたし的ということでいえば、このなんとか膳てなもんについてくる煮物やサラダ、茶碗蒸してなものは、いらんな。

これらがついてるとなんとなく豪華でつい頼んでしまうのであるが、基本的に刺し身とご飯で完結してる気がするのである。

それで、次回から和食のときは刺し身とご飯味と味噌汁だけにしよう、と決断するのであるが、いざ、注文する段になるとなんとか膳が豪華に見えて、たいていそれを頼んでしまうのである。

つまり、味は目でも味わうわけである。

そこがね、これまた、グルメ道の深みでもあるのである。

だれがグルメ道だ。

だれがって、ううむ、言い回しがへんね。

まあ、どうせへんなレポートなので、いまさら、へんもへったくれもぼったくりもけたぐりもないのであるが、ううむ、今ひとつまとまらん。

今までまとまったことがあるのか?といわれると、無いと答えるしかないのである。

まだ、尺がたりないかね。

まあ、とにかく鯖の刺身が大変美味しゅうございましたので、大変うれしゅうございました。

いやはや、食道楽も大変である。

だれが食道楽だ。

いや、そう、厳しくつっこまれてもねえ。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2012年11月2日金曜日

昼飯に四六時中で牡蠣づくし籠


昨日の昼飯である。

昼飯を食おうと思って立ち寄った某ショッピングセンター内に、四六時中てなお名前の和食レストランが新しく開店してたので、すぐご来店遊ばしたのである。

ざるそばもセットで、990円であるのである。

牡蠣づくしというセットであるのであるが、カキフライとカキの竜田揚げの2種類の牡蠣づくしであるのである。

まあ、なにしろ990円であるので、文句をいってはいけないのはもちろんであるのである。

それでも新しい店はメニューも新鮮な感じで嬉しいのである。

昼飯はほとんどが外食であるので、仕事周りで立ち寄るのはもう同じ店ばかりで、食べるものも固定してきて、ご飯が楽しみでなくなるてなことになってくるのである。

それで、新しい店を探すのであるが、ぐるぐる回って結局いつものファミレスになったりすることが多くて、なんだかお金を出して自分の家のダイニングで飯を食ってるみたいなことになって、どうにかならんもんだろうかといつも思うのはあたしだけかね。

まあ、それで、新しくこの四六時中てな店を発見開発したので、選択肢がひとつ増えたわけである。

なにしろ四六時中だけに24時間営業かと思うと、ショッピングセンターのテナントであるので、ショッピングセンターの開店時間内の営業であるのである。

できれば、二六時中が最適であるかもしれないのであるが、四六時中の営業サイドとしてもそれなりに、そこはそれ出店場所によって名前を買えるわけにもいかないので止みがたき理由があるわけである。

まあ、四六時中も二六時中も1日を表す言葉であるので、二六時中でも24時間営業でないとならないのかもしれないのであるが、これ以上ぐだぐだと食いついても展開が広がるとは思えないので、このへんであれであるのである。

あれであるから、あれであるが、あれあれしてる状態でも大変おいしゅうございました。

ぜんぜん何がいいたいのかわからんレポートであるが、なにしろ霊能神選レポ-トであるので、神の言葉を人間語に訳してお届けしております都合上、そら、あたしにだってわからんがね。

とにかく美味かったんだからいいじゃありませんか。

あたしだってタイヘンなんすから。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング