2013年6月22日土曜日

おやつにいちごミルクとリンゴ桃ケーキとチーズタルト


昨日、仕事の途中で小腹がすいたのでおやつにしようつーことで、某もすこてな某ファーストフードチェーン系列のコーヒーショップでいちごミルク350円とリンゴ桃ケーキ350円とチーズタルト380円を飲んで食ったのである。

なんでいちごがひらがなでリンゴがカタカナかつーと、レシートにそう書いてあるからであるのであるが、ううむ、どーでもいいのである。

最初はチーズタルトを食おうと思ったのであるが、ショーケースに並んでるリンゴ桃のケーキがやたらとうまそーだったので、どちらにしようかと迷ったので、迷ったときは両方食うのが象師匠としてのプライドであるので、両方注文したのである。

こんなことをやってたら、しまいにはとーにょーになるのは誰が考えても想像に難くないのであるが、そこはそれ、やむにやまれぬ大食い者のサガで、命を削って食いもんブログに人生をかける所存であるのであるつーよーな高邁な精神であるかつーと、そうでもなくて、まあ、食いたいから食うわけである。

さらに、コーヒーメニューが主力のコーヒーショップで、あえて、いちごミルクであるのである。

いちごが砕かれてというのか、小さく切られてお入りなっているのである。

それを太いストローでミルクといっしょに吸い込むというコンセプトかもしれないのであるが、小さいといってもストローで吸い込むには大きすぎてむりであるので、柄の長いスプーンでいちごをすくって食いながら、ミルクを飲むわけである。

まあ、ミルクを飲みながらいちごをすくって食ってもいいのであるが、どっちにしてもいちごのかけらが氷の間に入ってすくいにくくて、めんどくさいのである。

いちごをミキサーにかけるか、いちごを丸のままいれてもらったほうがいいのであるが、そんなことをわざわざアドバイスする気は毛頭ないのであるし、もちろん大きなお世話であるのである。

とーにょーになりそーでも大変美味しゅうございましたのである。

てなことで、ひとつ。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年6月18日火曜日

四六時中で豚肉しょうが焼きランチ


まあ、なんである、昨日のお昼食であるのである。

日替わりランチなので、これでなんと690円であるのである。

ランチはこの他に定番のフライものと、炭水化物に炭水化物の小丼に蕎麦てなのがあったのであるが、まあ、これが妥当かねてなことであるのである。

この店には以前にも一度、昼めしを食いにご来店遊ばしたことがあるのであるが、洋食、和食、中華となんでもありで、お仕事途中の昼めしで悩んだときは四六時中であるのである。

ううむ、できそこないのキャッチコピーみたいな文章になってしまったのであるが、まあ、なんだな、株価大暴落でアベノミクスが昨今はアホノミクスなんて揶揄されるようになっても、あいかわらず市井のデフレは健在で、690円で豪華なランチがお召し上がりになれるのである。

あたしみたいな超零細霊能経営者には実にありがたい成り行きであるのである。

それでも、日々のお食事の基本が外食であるので、うっかりしてるとエンゲル係数がどどんと跳ね上がるので、油断大敵怪我一生を座右の銘として、ランチ時にはランチメニューをお召し上がりになることを心がけている次第であるのであるが、なにしろ食うことに異常な執着心をお持ちの象師匠であるから、生涯でその日の昼食はその時一度限り一期一会と考えると、そーでもないことの方が優勢で、気がつくと支出の半分以上を食費が占めてるなんてえことになりかねないのである。

ううむ、夢も希望もない下世話な内容であるが、まあ、天下の大霊能者象師匠といえども、雲霞を食ってるわけではないので、食えば対価を払わねばならないのである。

人生は何ごとも対価が発生するので、そのために朝から晩までせこせこと労働にいそしむわけであるが、もちろん念力で対価を消滅させるなんてえことはできるわけもないので、テレビで霊視だの透視だの何だのと大法螺吹いて鑑定と称して金稼いでるインチキ霊能芸人の皆さんと違って、あたしのような掛け値なしの本物の大霊能者の霊能力なんてもんは人生設計にはなんの役にも立たないのである。

つーことで、役に立たない大霊能力の持ち主でも大変美味しゅうございましたのである。

腹へったからメシ食いに行こう。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年6月11日火曜日

秩父バイエルの夕食と朝食



秩父霊能大旅行でお泊りしたバイエルてなホテルであるのである。

バイエルは基本的に結婚式場であるのでお食事がなかなか気合が入ってるのである。

まあ、写真ではうまく表現できないのであるが、食器も気合が入ってるのである。

お夕食はお洋食とお和食が選べるのであるが、あたしはお和食をお選びになったのである。



気合の入ったお料理がこれでもかと食い切れないぐらい出てくるのである。

食い切れないぐらい出てきても、もちろん大食いネット芸人のプライドにかけて食い切れるのは無論のことであるのである。



お部屋の前のテラスであるのである。

だからなんだといわれても、写真を撮ったので一応UPしておくのである。



つーことで朝のお食事であるのである。

朝も気合の入ったお料理であるのである。

まあ、結婚式の披露宴でへっぽこな料理は出せないので、必然的にお泊りの料理も気合が入ってるわけであるのかもしれないのであるが、実にけっこうなことで大変美味しゅうございましたのであるのである。

大変美味しゅうございましたが出たので、本日の収録は終了であるのである。



昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年6月1日土曜日

バンコクのBumrangrad Hospital (バムルンラード病院)のレバノン料理


Bumrungrad International Hospital(バムルンラードインターナショナル病院)の食堂にレバノン料理があるつーので、早速、知人に案内してもらって食いに行ったのである。

バムルンラード病院は、最新式の 診断器具、治療法、および集中治療の設備のすべてを一ヶ所にまとめた医療センターであるが、外来患者数は、年間約100万で、そのうち、約40万人は外国からの受け入れとなっているのである。

知人によるとこの病院はセレブ御用達つーことで、お金持ちが集まる病院であるつーことで、ホテルのようなファサードで、ロビーもソファーがたくさんあってホテルのロビーのようであるのである。

ロビーには世界各国の通訳のブースがあって、英語がご堪能でない皆さんのご相談に乗っていただけるのであるつーよーな、世界からのお金持ちのおびょーきの人が治療にこられるすんごい病院であるのである。

まあ、これ、とにかく、どでかいホテルかデパートみたいな病院で、敷地の内外にレストラン、フードコート、コーヒーショップてなものがいくつもあって、あたしが行ったのでは医療のビルとはべつのビルのフードコートで、ベトナムや中華や日本食てなもんが並んでいて、その真中あたりにレバノン料理のカウンターがあるのである。

なんで、レバノン料理なのかわからんが、まあ、この病院にはアラブ系のお金持ちの皆さんも多数うろうろしておられるので、そのことに関係してるのかもしれないのであるが、どーだかわからんのはいつものことであるのである。

知人の話では日本人はジャパニーズであるので、レバノン人はレバニーズであるつーことであるのであるが、べつにレバニラ炒めとは関係ないのはゆーまでもないことであるのである。

ううう、だめだ、タイのわけのわからない虫が頭に湧いてる。

まあ、とにもかくにもレバノン料理のカウンターに行って、レバノン人のおじさんに見本の中から選んで、お料理を注文したのである。

上の方にあるビニールに入った白くて丸いものはPitaであるのである。

まあ、いわゆるビタパンであるのであるが、これ、薄くて硬いパンと思えばいいのであるが、薄くて硬いので、薄くて硬い食感であるのである。

左のメンチカツみたいな揚げ物はガリガリした硬いメンチカツみたいであるのである。

右下はパセリのサラダである。

てなことで、これで、240バーツであるので、だいたい現在792円ぐらいかね。

てなことで、薄くて硬くてもガリガリして硬くてもたいへん美味しゅうございましたのである。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング