2015年6月30日火曜日

Phan-Khom Thai Cuisineでむちゃくちゃに辛い料理を食う


BTSチットロム駅近くのセントラルワールドにあるタイ料理の店 Phan-Khom Thai Cuisine は、我が家のダイニングてな趣になってるタイ料理の店である。

それで、メニューの写真を見てうまそうなスープ料理があるので、ウエイトレスのおねーさんに「これ」と指差したら「Very Very Spicy」というご注意を受けたのである。


でも、なにしろうまそうであるので、オーダーしたら、これが、トムヤムどころではないとんでもない激辛で酸っぱくてしょっぱいのである。

一口で口が爆発しそうに辛いのである。

辛いを通り越して痛いのである。

骨付きの牛肉とマッシュルームがレモングラスなんかで味付けされているのであるが、なにしろ辛くて、何が何だかわからんのである。

日本なら罰ゲームの類で食わされるしろものであるが、タイの東北地方ではふつーの味であるそうである。

牛肉をなんとか平らげたいので、白飯とタイ式ミルクティーのチャーノムイエンで辛さを和らげながら食ったのであるが、それでも飲み込むのが心配な辛さである。

これって、寄生虫がいても駆除できるんじゃなかろうかてなナンセンスな期待もしてしまうぐらい、激烈である。

昨今は日本とタイを年に何回も往復する暮らしであるが、それでも、この料理は最激辛である。

タイはなにしろ暑いので、塩分が必要であろうし、農家ではクエン酸が労働によろしいであろうし、辛い物は少量で米飯を食うのによろしかろうから、当然、東北地方の農家などではこの味が最善であるのは想像に難くないのである。

まあ、タイにいると辛さに麻痺してくるので、日本の唐辛子はバサバサかけないと辛く感じなくなるのであるが、これって、しかし、胃や腸にはよろしいことはないと思われるので、健康増進が目的である象気功としてはどーにかしないといけないわけである。

しかし、どーにかしろといっても、霊能グルメ王の象師匠としては、タイに来たらやっぱりタイ料理であるから、日本の基準でいえば、毎日が激辛料理のオンパレードになるのである。

まあ、住居から病院が近いので、倒れても大丈夫である。

何が大丈夫なのかわからんが、まあ、人生は今がよければいいのである。

とにもかくにも、口が爆発しても大変おいしゅうございましたのである。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2015年6月27日土曜日

羽田国際線ターミナルで朝食を2回食う


まあ、例によって第二のお住いのタイランド王国行ったり来たりでご出発にあたって、今回は羽田国際線ターミナルからのご出発である。

それでまあ、ターミナルをあちこちいろいろ歩いてみたわけであるが、4階に飲食店と物販の店舗を集めた江戸小路てないかにも日本風を演出した外人向けのフロアがあるのである。


それで土産物を買う予定もないので、なんかうまそうなもんはないかとレストランを物色したのであるが、いまひとつ食いたいもんがないので、さらにエスカレーターを上がって5階に行ったらTOKYO POP TOWNてなフロアであるのである。


TOKYO POP TOWNにはHOTとCOOLてなZONEがあって、COOLZONEのPRONTOてな店にご入店なされてたら、どこぞへロケに向かうのか、元気度がものすごい、明らかに業界の皆さんが朝からビールなんかを飲んで大盛り上がりであるのである。


まあ、とにもかくにも、なんだかわからんモーニングセットを頼んで、個人的にお出かけになるあたしはそれほど盛り上がるてなこともなくお食事をお済ませになられたのである。


この店は奥まってるせいもあるのか、業界の皆さんがご利用になる機会がおおいのかどーなのかわからんが、カウンターの後ろには芸能人のサインが数枚飾られているのであるが、カウンターを撮影するのは憚られるので、客席のご様子をご紹介してそのスタイリッシュな雰囲気はどんなもんだいということである。


それで、出国手続きを済ませたら、また腹減ったので、なんかうまそーなものはないかと探したら、フ-ドコートらしきものを見つけたのである。


そしたら、カレー屋さんがあったので、道産牛カレーてなメニューを頼んだら1000円であるのである。



道産牛であるから北海道産の牛であると思うが、肉はだいたいおおむね3切れ入っているのである。

マニュアルで3切れ入れると決まっているのかもしれないのであるが、1000円という値段からすると5切れにしたほうがいいと思うが、もちろん営業関係の方には大きなお世話であるのはゆーまでもないことであるのである。


つーことで、朝食を2回、滞りなく済ませて、機内の人となると、すぐ機内食が出てくるのである。

旅行はどーしても食いすぎになるのはいたしかたないことであるのである。

まあ、なんでもいいやね。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2015年6月1日月曜日

道の駅こすげで富士桜ポークのグリルを食う


最近、東京都の広報なんかでさかんに小菅の湯を紹介してるので、御岳神社に御札をいただきに行くついでに、ひとっ走りしてみたのであるが、これが意外にくねくねと山道を走ってなーかなかご到着あそばさないのである。

なれない山道の恒例で、慣れた地元の人の車に煽られるし、こんな田舎になんの用があるんだというぐらい車が多くて、ワインディングロードというより、グリングリンロードをぐいんぐいんハンドルを切って、小菅の湯のある道の駅こすげに着いたのである。


それでまあ、道の駅についたらとにもかくにもメシだメシだつーことで、食堂に行って、入り口のメニューを見たら、富士桜ポークのグリルてなお料理にサラダとスープがついて1250円というのがあるので、「おお、なんと富士桜だ、富士桜は突貫小僧と異名をとった大昔の相撲取りだから、さぞ突貫小僧的お料理が出てくるんだろう、これにするのが妥当であろう」つーよーなわけのわからないおもいっきりの勘違いついでに、小菅村野菜のマルガリータ950円とコーヒー150円を注文したのである。


それで、中央のお料理が富士桜のポークのグリルである。

ちなみに、写真を撮る前にほんのすこーし、ひと切れの肉のはじっこの方を齧ったのであるが、その他は盛り付けも含めてそのまんまである。

しかし、「味に関しては」大変おいしゅうございましたのであるつーことを申し添えてご挨拶といたしたいのである。

「しかし」に他意はないということも重ねて申し添えておきたいのであるが、その理由についてはコメントを差し控えさせていただくのである。

返すがえすも、暴飲暴食をこよなく生きがいとするあたしとしては、ピザも頼んでおいて大正解であったのである。

返すがえすの使用法が正しいかどうかはさておいて、人生に油断は禁物という実にわかりやすい例である。


それでまあ、とにもかくにもメシを食ったので、次はもちろん、小菅の湯でひとっぷろ浴びなくてはなんの意味もなかろうつーことで、道の駅こすげの隣の敷地にある小菅の湯に、マイ手ぬぐい持参で怒涛の小走りで馳せ参じたのである。


それで、ちょうどいっしょになったおじーさんおばーさんといっしょに雪崩れ込んで、大音声で「たのもーっ、ひと試合所望いたーす!」と言おうと思ったが、いくらなんでもアレと思われるので、「こんちはー、お風呂入りたいんですが、いくらですか?」と聞いたら、「3時間で620円で、タオルとバスタオルはレンタルで160円です」つーので、豪快に1000円札を出して、「マイ手ぬぐい持参ですよ。わはははは」と380円のお釣りをもらったのである。


もちろん風呂場を写すと通報されてめんどくさいことになるので、おとなしくあれこれの風呂にご入浴あそばされて、心ゆくまでお楽しみになったのである。

ちゃんちゃん。

困るとちゃんちゃんなのね。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング